COLUMN

低用量ピル(OC)の効果と副作用について。自分に合ったピルのみつけかたは?

  • 女性特有の病気、症状
  • 子宮・卵巣

低用量ピル(OC)とは?

ピルとは、月経・排卵の周期をコントロールしている女性ホルモン(卵胞ホルモン・黄体ホルモン)が含まれたホルモン剤のことで、毎日1回服用し続けることにより、避妊の効果を得られます。副作用を抑えるために含まれるホルモンの量をできるだけ少なく抑えたものを「低用量ピル(OC:oral contraceptives)」と呼びます。

ピルの効果は?

もともとは、排卵を押さえて避妊することを目的に作られた薬ですが、月経周期が一定になるためスケジュールが立てやすくなるといったメリットや高い避妊効果だけでなく女性にとっていくつかの良い作用(副効用)があります。

  1. 高い避妊効果
  2. 生理痛やPMSの改善
  3. 疾患の予防

1.高い避妊効果

低用量ピルは、女性自身がとることのできる避妊方法の一つです。

排卵を押さえることで得られる避妊効果は、正しく服用すれば約99.7%と報告されています。

基本的に、月経がはじまった日から服用を開始することで、その日から避妊効果を得られるとされています。月経周期の5日目以内に開始すれば他の避妊法を併用する必要はなくなります。

これ以外のタイミングで飲み始めた場合や月経不順などでタイミングが合わせられない場合は、最低7日間ほど服用を継続することで避妊効果を得ることができます。

また、7日間のホルモン休薬期間中も避妊効果は継続します。

2.月経痛(生理痛)やPMSなどの月経随伴症状の改善

低用量ピルは、排卵を押さえるために女性ホルモンの変動を抑える作用があります。その結果、女性ホルモンによって引き起こされる不調を改善する効果が得られます。

・月経痛の緩和

・月経不順の改善

・過多月経の改善

・月経前の不快症状であるPMS(月経前症候群)、

その重症型であるPMDD(月経前不快気分障害)の改善

・肌荒れの改善

3.疾患の予防効果

「ピルを飲むとがんになる」という誤解をしている人もいますが、むしろピルの服用は卵巣がんや子宮体がん、大腸がんのリスクを低減するということが分かっています。

現代女性の生理の回数は、出産回数の多かった昔に比べて劇的に多くなっています。その結果、女性ホルモンにさらされる期間が長く、排卵の回数も多いことが疾患のリスクをあげているのです。実際に卵巣がんや子宮体がんは年々増加傾向にあります。

一方で、リスクがわずかながら上がるといわれているのは乳がんと子宮頸がんです。

ただし、子宮頸がんについては、低用量ピルのお薬の成分が原因ではありません。コンドーム無しのセックスなどにより、ヒトパピローマウイルス(HPV)というウイルスに感染することで子宮頸がんリスクが高まります。
また、乳がんについてはわずかながらリスクを増加させる可能性があると報告されていますが,含有されるエストロゲンの量など製剤の種類などを考慮すればリスクが増加しない可能性もあると考えられています。

ピルの副作用。どんな症状がでるの?

ピルにはさまざまな効果がある一方、服用を開始したばかりの時期はホルモンバランスの変化によって一時的に副作用が出やすくなります。

・軽い吐き気・眠気

・下腹部痛・不正出血

・胸の張り

・むくみ・太る

・うつ・落ち込み

これらの症状は一時的な副作用であることが多く、1~3か月ほど飲み続けると女性ホルモンのバランスが整い、症状の多くは次第におさまっていきます。

ただし、副作用がつよく、症状が悪化したり、3か月以上服用しても継続するなどの場合は、ピルの種類との相性が原因だったり、その他に何らかの原因がある可能性があります。

気になる症状が出た場合は、まずピルを処方してくれたクリニック・医師に相談しましょう。

症状によって、ピルの種類を変えたり、つらい症状に対してお薬を出したりなど対応することができます。

 上記のような軽度な副作用の他に、重大なリスクとして、血栓症のリスクがわずかながらも高くなると言われています。具体的には、ピルを飲んでいない人が血栓症を発症する割合は年間1万人に1~5人であるのに対し、ピルを飲んでいる人は3~9人というデータがあります。低用量ピルが原因となる血栓症は、発症早期に適切な治療を行えば命にかかわる可能性は高くはない疾患です。

特に、40歳後半の方や若い方でも1日15本以上喫煙をする方は血栓症のリスクが高くなると言われています。

血栓症のリスクはゼロではないので、ピルを初めて服用するときや継続して服用し続ける場合には問診や検査をしっかり実施しています。当院では、健康診断や人間ドックを受診できますので、その結果をそのまま利用することで検査を省略できる場合もあります。

自分に合ったピルの服用のために知っておきたいこと

避妊や生理痛やPMSなどの不調の改善、疾患の治療など、ピルを服用する目的は人によって異なります。さらに、重い生理痛には疾患が潜んでいることもあるため、ピルだけでは改善しないこともあります。また、服用する人の健康状態や家族に特定の病気があるなどの既往歴次第で、ピルの服用に注意が必要な人もいます。

さらにピルにはいくつか種類があります。症状・体質だけでなく、服用のタイミングなど個人のライフスタイルによってもぴったりのピルが変わります。

たくさんのメリットのあるピルですが、服用するときには、きちんと検査や問診を受けたうえで、自分に合ったピルを処方してもらいましょう。

ピルを飲み続けても大丈夫?将来の妊娠への影響は?

ピルの服用によって排卵を止めることが将来の妊娠にも悪い影響がないかを心配する人もいますが、近年の研究では、低用量ピルを飲み続けることによる将来の妊娠への影響はないということも報告されています。服用を継続する期間による差もなく、長く低用量ピルを服用している方が妊娠する確率が悪くなる、ということもありませんでした。

将来の疾患の予防になったり、不妊にもつながる子宮内膜症が改善するなどの効果を考えると、むしろ将来の妊娠のためにプラスになるかもしれません。

ただし、排卵回数を抑えるからといって、妊娠できる期間が長くなるわけではありません。卵子の質は年齢に比例するので、不妊の直接的な予防にはならないことを知っておきましょう。

ピルを飲んでいればコンドームは必要ない?

低用量ピルの服用は、コンドームよりも高い避妊効果はある一方で、HIV/AIDSを含む性感染症(STD)の予防や、治療をすることはできません。

STDの感染防止の目的には、正しいコンドーム使用が有効です。

性感染症の中には、自覚症状がないものや、将来の妊娠・出産に悪い影響を及ぼすものもあります。STDの早期発見・早期治療に向けて定期的に検診を受けることも大切です。

ピルを飲み忘れたときの対処

飲み忘れが1錠である場合には、飲み忘れた錠剤を気づいた時にすぐ内服し、残りの錠剤は予定通り内服します。

 飲み忘れが2錠以上の場合は、飲み忘れた錠剤のうち直近のものを直ぐに内服し、残りの錠剤は予定通り内服します。

2錠以上飲み忘れた場合、出血が見られる場合がありますが、内服を続けても問題はありません。出血が長く続くこともありますが、7日以上連続してきちんと服用すれば出血していても避妊効果は戻ってきます。

2錠以上飲み忘れている間に避妊のない性交渉があった場合は、アフターピルが必要な場合がありますので注意が必要です。

服用について不安がある場合は、医師に相談してください。

辛い月経痛・PMSにはピルという選択肢を

日本ではまだまだ服用率が低いピルですが、「生理痛・PMSの改善ができる」ということは女性たちの間では広まってきています。特に若い世代では、生理痛・PMSの改善のために服用している人が増えてきています。

クレアージュ東京では、婦人科外来にてピル処方が可能です。避妊目的だけでなくでも、まずは、ご相談に来てみませんか。

婦人科の外来診療は完全予約制です。ご相談ご予約はお電話にて承っておりますので、お気軽にご連絡ください。

クレアージュ東京の婦人科外来の診療日やピル以外の診療項目などの詳細についてはこちらのページをご覧ください。

https://www.creage.or.jp/outpatient/

関連記事

最新記事

CONTACT US

まずはお気軽にご相談ください

人間ドックご予約電話番号

電話アイコン 0120-815-835

電話受付時間(日曜・月曜・祝日除く)
9:00~16:00

団体・企業ご担当者さま
お問い合わせ電話番号

電話アイコン 03-6626-3955

電話受付時間(日曜・月曜・祝日除く)
9:00~16:00

9時~10時台はお電話が集中し、特につながりにくい時間帯となっております。
午前中はお電話が混みあうことが予想されます。
ご不便をおかけいたしますが、つながらない場合は少しお時間をあけておかけ直しくださいませ。

団体・企業
ご担当者さまへ
ご予約・空き状況
クリニックアート