COLUMN

マンモグラフィと乳房超音波(エコー)検査の違いとは?

  • 女性特有の病気、症状
  • 乳房
  • 疾患や検査について

マンモグラフィ検査とは?

乳房専用のX線撮影(レントゲン)で、乳がんの初期症状である微細石灰化の発見が得意です。

乳腺を拡げた状態で撮影するために、乳房を2枚の板で固定(圧迫)し、左右それぞれの乳房に対して左右斜め方向や上下方向からX線写真を撮ります。乳房をできるだけ薄く拡げるで、病変をより鮮明に写し出すことができるだけでなく、放射線被ばくを少なくすることもできます。

乳房を挟む際の痛みには個人差がありますが、乳房の大きさに関わらず、乳腺の割合の多い方が痛みを感じるようです。

マンモグラフィの受診ポイント

月経前の1週間前くらいは、乳房が張って痛みを感じることがあります。乳房がやわらかい状態になる月経開始後10日前くらいに検査を受けることをおすすめします。

乳房超音波(エコー)検査

ゼリーを塗った乳房の上からプローブという小さな器具をあてて、反射波を画像化して乳房内を調べる検査です。

超音波とは人の耳に聞こえないほどに高い周波数の「音」ですので、放射線を使用しておらず、被ばくもありません。「しこり」の診断を得意としており、手で触ってもわからないような数mmのしこりを見つけることができます。

乳房超音波(エコー)のポイント

乳がんだけでなく、良性疾患である嚢胞(のうほう)や繊維腺腫の診断にも用いられます。妊娠中の方や授乳中の方はマンモグラフィではなく、乳房超音波(エコー)検査を受けましょう。また、20-30代の方をはじめ乳腺の割合の多い方にもおすすめです。

どちらを選べばいいの?

より正確な診断のためには乳房超音波(エコー)とマンモグラフィの併用が理想ですが、いずれか1つを選択する場合は、個人の乳腺の割合によって推奨される検査が異なります。どちらを受ければよいかわからない場合は、年齢がひとつの目安になります。

10・20代は乳房超音波(エコー)

30代で3年以上マンモグラフィを撮っていない方はマンモグラフィ

30代で過去3年以内にマンモグラフィを撮ったことのある方は乳房超音波(エコー)

40歳以降はマンモグラフィを推奨します。翌年以降、どちらの検査がご自身に向いているかが気になる方は、検査時にスタッフに相談することをおすすめします。

関連記事

最新記事

CONTACT US

まずはお気軽にご相談ください

人間ドックご予約電話番号

電話アイコン 0120-815-835

電話受付時間(日曜・月曜・祝日除く)
9:00~16:00

団体・企業ご担当者さま
お問い合わせ電話番号

電話アイコン 03-6626-3955

電話受付時間(日曜・月曜・祝日除く)
9:00~16:00

9時~10時台はお電話が集中し、特につながりにくい時間帯となっております。
午前中はお電話が混みあうことが予想されます。
ご不便をおかけいたしますが、つながらない場合は少しお時間をあけておかけ直しくださいませ。

団体・企業
ご担当者さまへ
ご予約・空き状況
クリニックアート